読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークインプログレス

今日は朝のうちにみどりさんと一度合わせをすることになっているので

移動は新幹線。速いわ~。そりゃバスの倍の値段するわ。だって35分だよ。

無事、指定の場所に到着。着くなり即合わせを始める、というか会話が止まらない。

お互いに創りながら考えた事、確認したいこと、思いついたことを言っておかなきゃと

相談というか双方がまくしたてる感じになってしまう(笑)

ま、時間がないからね。昼ごはんは近くのうどん屋で済ませ(結構な量があった)

コンビニで少々食料を確保しておき(長丁場だからね)本日のリハーサル。

今日行くところは本番の場所ではない、また別の公共施設だ。

いろんなハコモノあっていいなぁ、名古屋。ハコモノが新しいのが特徴。

わらわらと集まる人達。中に・・・んん?明らかにおじさまが…数名。

場所、お間違えではないですか?と言いそうになったが、どうやら出演者らしい。

ほぉほぉほぉ。私たちが最年長では?と思っていたが上手がいらっしゃった。

時間になり、みんな床にマットを敷いてお互いの作品を見る。

というか、私たちの出番は最後だそうです。・・・身体固まるね(笑)

正統派?コンテンポラリーあり、舞踏系あり、ジャズダンス系あり、モダン系あり。

ありとあらゆるジャンルのダンスが終結している感。これは面白くなりそうだ。

私達、結構イロモノかもしれないと思っていたのだったけれど、意外に普通。

いや~それはそれで目から鱗が落ちるようだった。

系統としては他にはなく、生の音楽(楽器)を使っているというのもあるし

初めは踊っていた人が演奏するというのは知らないと意外な展開なのかもしれない。

3部構成にしていたのは手ごたえがあった。

いやいや、それにしても面白い試みですよ、これは。

太っ腹企画、と私は勝手に呼ばせていただいているが本当にそうなんだもの。

もちろん遠征にお金はかかるし、いろいろタダではない。

でも参加費を取らず、主催は制作に回るなんて素晴らしいね。

助成金がそういう目的だからということで出ているとしても労力。ね?

何よりも名古屋にもっとダンス文化を広げたいのだそうだ。素晴らしい!

ダンスの世界って、あまりほかの団体と交流するとかっていうのが無い。

もちろん反目しあってるとかじゃなくて、「なんだかそういうもん」だった。

でも演劇の人達と関わるようになって、あちらの世界は同じ舞台でももっと交流が

盛んだし、もちろんそれは俳優がつなぎとなっているのだろうと思うけれど。

ダンサーの場合はこういう感じの交流はあまり機会がないだけなのかなぁ?

とてもいいことだと思った。やっぱり太っ腹だわ。

今回の出演者で名古屋の方は3団体くらい。ほかは関西から来ているのが多い。

内容的にはまさに「プログレス」で只今構築中だ。私たちも含めて。

色々な意見もいただいて、もちろん私達も出して。

本番は一か月後。せっかくの機会だ。内容をもっと深めていくことができる。

夜は、はなこさんとみどりさんと3人で手羽先を食べながら喋り倒した。

楽しかったなぁ~。クリエイティブな話は止まらなくなる。

取ったホテルはホテルだけど温泉がついてるの。ゆったりしてぐっすりだ。

いい日だった。