読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実験的な舞台

impressions

ニットの萌ちゃんが出演している舞台を観にアトリエ劇研に。

『運良く陸地をみつけ上陸する際の注意点。』

ええ。このタイトルを見るだけでこだわりの強い芝居だな~ということが

わかるんでございますよ。そして実際そうだった。

でもいろいろな装置や演出はすごく面白かったし、何よりも俳優陣が達者。

芝居というのか朗読劇に近いような不思議な空間だったが癖になりそう。

ただ、受動的な人には全く向かないだろうな、これ。

客席にはどう受け止めていいのもか・・・というような「ナニコレ感」が

蔓延しているし、ほとんどがそのテクストによるものだけれども

俳優が話す言葉が耳に入ってこないシステムなんだよね(笑)

だからある種、念仏に近い。乖離する肉体。乖離する動作。

だんだんと観ているこちらも瞑想状態に近くなる感じ。

そして脈絡のない芝居は脈絡なく途切れる。

ダメな人にはまったくうけいれてもらえなさそうな舞台ではあった。

私は・・・う~ん、割と好きかなぁ。

帰ってきて久しぶりに池田晶子さんを読みたくなったしね。

脳のそういう部分が刺激される舞台だった。はい。