読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ねむり姫」メンバー紹介⑭

【出演者紹介】夢見る人々(27)(28)

No.27 山内庸平 Yamauchi Youhei

_MG_3812.JPG

名古屋の刺客。拠点の名古屋のみならず他府県いたるところから京都の稽古場へ飛びまわるスーパーマン。一見、爽やかさと可愛らしさを持ちながら、猫のように姿をくらまし、隠し持つ尻尾を見せない不思議な一面も。どんな出で立ちで舞台に現れるやら。
_MG_3826.JPG

質問1.どんな寝間着ですか?
お土産で貰った海人Tシャツ的なやつです。何故だか物凄くたくさんあるので毎日寝る前はファッションショー状態です。

質問2.どんな寝相ですか?
寝る時と起きた時とそんなに変わっていないので多分動いてないんだと思います。でも夏場は暑いのか、気付いたらそのままの態勢でTシャツだけ器用に脱いでます。

質問3.今のところ、この作品どんな手応えですか?
今回初めて集まる33人と言う大所帯が、同じ方向を向いて一つの作品に取り組んでいる稽古場がとても心地いいです。各々1人ひとりが、重要な責任や役割を担って作品作りに取り組んでいるので、是非劇場でその熱量を体感して頂ければと思います。

==========

No.28 山岡美穂 Yamaoka Miho

_MG_2721.JPG

山岡さんとの出会いは、高槻アクターズラボ「劇団305号室」。小劇場界では珍しい美人タイプで、高いハードルを軽々超えてくる器量持ち。かつ、妖怪みたいな動きも得意で、お酒も食べるのも好き、変な人も受け入れられる度量もある。憎むところもない。なんて神様は不公平なんだろう!
_MG_2713.JPG

質問1.どんな寝間着ですか?
くたっとしてたり、てろっとしてます。

質問2.どんな寝相ですか?
だいたい丸まってるのでベッドはあまり広くなくてすむタイプです。今年、両手をあげて無防備に寝ることを覚えました。鼻呼吸。

質問3.今のところ、この作品どんな手応えですか?
様々な場所を通ってきた川が、混ざり合って、大きな大きな渦になろうとしています。
カラッとしていて、なつかしくて、ほんのりさみしくて。夏にぴったりの作品になりそうな予感です。


撮影:東郷真帆