読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡る季節

ついこの前まで桜の開花を楽しみながら歩いていた散歩道に
今はもう若葉と新芽がにょきにょき。
桜の木の隣にある楓が自分の出番を誇っているよう。
鴨川の柳もちびっこい芽が噴き出していたと思ったら随分青々としてきた。
風になびく様子も若々しく、しなやかに。
あぁ、いい季節だね。
この春を少し過ぎた辺りの青いものが一斉に生え伸びてくる様子に元気をもらえる。
冬があっても春が来る。
辛い時期があっても時は過ぎゆく。
自然に癒される。
自然の脅威を目の当たりにすることで、その傷が深い事も充分に知りつつ
でも人間も自然の一部なのだという身の内の確信があってしかたがない。
繁栄ばかりを望むのは間違っている。(と思う)
驕れるもの久しからずと言われるが、驕らずとも絶える時はやってくるものだ。
すべてのものはやがて微塵となり、大気や大地に融け、再び巡る。
そんな作品であるように。
そのことを常に忘れずに。