得意分野のようで

本日、京都レッスンは居残り組の振付。

前の週にソロパートを踊るHさんの振付をしたので、この日はそれ以外のメンバーの。

例によって音楽はテンポがあるようなないような。ボヤ~っとした音楽だよ。

それでも一応ベースのリズムはあるのとシーンのイメージは初めから決まっているので

Hさんの振付もそんなに悩まずにできたし、きっとこれもできるだろうとノープラン。

なんと。すんなりできてしまいましたねぇ。1時間もかからずに。

というか、振付しながらもっとこの世界観を広げたいな~と思ってしまった。

やっぱり好きやねんね、この世界。

ちなみにシーンは「殯(もがり)」をモチーフにしたもの。

といっても本式(?)のほうではなく、あくまでも葬送の儀式のイメージを取った。

なんとも隠滅なシーンだけれど、観ようによっては狐の嫁入り風ともいえる。

行列というものになんとも魅力を感じるなぁ。

万葉の時代はどうだったんだろう?鳥葬のイメージだけどな。

きっと身分の高い人は土葬してもらえ、一般人はその辺にうっちゃられてたのかな。

万葉。地続きに感じるけど遠いな。

広告を非表示にする