読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少なくなる血縁

 

亡き母の姉、つまり伯母ちゃんが亡くなったと知らせが入る。

大阪のおばちゃんを迎えに行く手はずだったが、夕べ電話が入り

体調を崩したから出席しないと言う。ショックすぎたのだろうなぁ。

もちろんこの日が来ることはわかっていたけれど。

これで母方の直系の関係者は大阪のおばちゃんだけとなってしまった。

ダーリン、日帰りで駆けつけてくれた。

新婚当初住んでいたマンションと伯母の家が近かったこともあるし、

私の母親がいないこともあり、一番身近な似ている親戚として母親の影と

重ね合わせていたかも知れないが他の親戚以上に良くしてくれていた。

お別れがしたいと言ってわざわざ来てくれて感謝。

ま、送り迎えは当然させていただきますね。はい。

伯母は身体が弱かったけれど86なら長生きな方だよね。

最近は息子のいる長岡京の方で施設に入っていたので、なかなか会いには行けなかった

けれど。思い出はたくさんある。ゆっくり休んで欲しい。