読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強になります

アレクサンダー2本立て。

5週のうちに10回という制約があるため、本当はあまりよくない受講の仕方を

無理を承知でお願いしている。

1日でも間を置いた方がいいらしい。うん。その意味は受ければよくわかる。

結局、身体的なエクササイズではないため、時間中に感じたことを

フィードバックさせるための時間が必要なのだ。

感じて、考えて、実践してみてというところだろう。

しかしこの期間中、私に時間がないのだ。

バタバタをさらに加速させるバタバタな日々ではあるが

意外にすっきりと頭は切り替わるものだ。

ただし体調にはとても気を遣っている。お酒もほとんど飲まないでいる。

うがい手洗いの励行はもちろん、とにかくリズムを崩さないように。

そして(これ以上)無理をしないように。

アレクサンダーではなにかしら反発を覚える場面も多く

それが何に起因するのかと自問自答してみたり。

答えは「話を途中で遮らないで」だった。

講師の方は「あえて」「つっかかる」ような「試す」ような物言いをして

その時の私の体の状態を見るらしいのだが

投げられた質問に答えている最中に言葉をさしはさまれることに対して

とてもイライラする、という自分の状態を知ることができたし

聞かれているから答えているのだけれど?という反発になるんだなと

そういう心の動きを冷静にとらえることができるのは面白い。

自分が教えるときの勉強にもなるなぁと違うところで生かそうとしている私。