読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

許容範囲の狭さについて

今日もまた米原。でも、もうこの週末で終わってしまうなぁとしみじみしながら

車を駆る。湖のそばの道からの景色や広大な畑の中を突っ切る気持ちよさや

山の間を抜けていくときの圧迫感ともあと少しでお別れ。さみしいなぁ。

毎日、片道2時間弱の道のりだけど苦痛でないのはドライブが快適だから。

このドライブが本当にいい気分転換になっていて、ある種、瞑想状態のようになり

ドライブ中にいろんなことを考えながら走るのがめっぽうお気に入り。

ダンス廃業したら運送業はどうだろうかね?もしかして向いてるかもね。

到着してからはドタバタだけど、それぞれ気合も入ってきている模様。

でも体調を崩している人多数。気をつけてね~。(って言うても遅い)

なんとか本番に照準が合うように各自、体調管理も責任のうちよ~。

とか、なんとか。そんなこんなを考えていると、私って結構厳しめやんね?

許容範囲が狭いのか、真面目すぎるのか。

昔、いろんなところでいろんな人にい~っぱい迷惑をかけた。

だからどの口が言うてんねん?と自分で思いながらも、でも言ってしまう。

あかんなぁ。もうちょっと寛容さを身につけなきゃダメだわ。

(追い詰めたらアカン)と心で唱えつつ、きょうも怒鳴りました。

集合が遅い!休憩中にアチコチ行かない!演出の話は聞く!

・・・怒っていいよね?たぶん。