読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長稽古(ほんまに)

本日、初めて全員がそろう日と聞いている。

なんてったってこの企画が始まってすぐからこの日は想定されており

演出助手のマイヤさんの綿密なスケジュール管理の賜物にて11月23日は

覚えていようがいまいが台本を外して何が何でも通しをする!と。

なのに、ふたを開けたら全員がそろってないってどういうことやねん!

おっこるでホンマ、と心の中のやっさんを飼いならす。もう知らん。(こら)

13時から20時までの予定である。目が回りそう。

13時からはダンス練習。前回、振付があがった時の練習に来ていなかった人が

今日は来ていたので、ここに関しては揃ってなくてもマルである。

反復練習していたら2時間なんてあっという間。結局かけ足で終了だ。

15時からはごまさんが登場したので長く区切ったシーンの練習。

これも尻切れトンボになってしまう。もう心配すぎる~。

17時から40分間ごはん休憩、のち、集合でキャストに注意事項の伝達など。

18時からは(初めて)スタッフ同席のもとの通し。

芝居ってね。音のきっかけがあるし道具の転換もあるしで大変なんだよ。

でもそれがあってこその舞台であり作品なんで、これが当たり前になればいい。

どうやら今回初めてお付き合いするスタッフさんはそういうことには

慣れてらっしゃらない方が多いらしい。

つまり座付きのスタッフ経験が少ないとお見受けした。

それでもプロなんだから、そこは本番までに何とかなるでしょ。

キャストには私たち以外のスタッフがたくさんいることで刺激になったらしく

(けっこうイケたやん)というのが、ごま組全員の感想だったと思う。

しかし全員揃っていない。どういうことなんやろう。もはや理解不能です。

このあたりは来年への申し送り事項として心のメモに油性ペンで書いた。

その後、ごまさんはスタッフとの打ち合わせでてんてこ舞い。

だって座付きじゃないから今日のうちに済ませておかなきゃの事項が山積み。

その間、帰ってもよかったけれど帰り道で話しておきたいこともお互いあるだろうと

高原さんやマイヤさんといろんなことを話しながら待つことにした。

終了は閉館間際の22時。帰宅は深夜0時目前。あはは。がんばるよまだまだ。