読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬぬ?

ヒプノセラピーを教えてもらってからというもの、特別にヒプノをせずとも

絶えず「自分が一番気持ちいいと思える方向」を心に置くようになっている。

直観に従うというほどには手放しではないけれど、迷ったらやめるくらいの

従い方はしている。知らず知らずのうちにだけどね。

これだけでも受けてよかったなと思えるのですが。

いつもプレッシャーがかかっている時に見る定番の夢というのがあって

これ、大体が舞台に振付をまだ覚えていないのに出番が来ているとか

早変わりの衣装が見当たらないとか、なんだか肝の冷えるシチュエイションばかり。

で。見ましたですね。米原の振付が残っているからね。(弱虫か・笑)

しかし、いつもなら(ひえぇ覚えてないのに~)と内心うろたえているところですが

今日は違った!

まず、忘れているのが私じゃなく、きっかけになるはずの誰かだったこと。

そして、その人のフォローの為とっさにアドリブでストーリー立てて導けた私。

あれあれ?いつもと違うぞ。いつも途中で(これは夢やな)と気が付くのだけれど、

夕べはその時に(いつもと違う展開)という風に思えたし乗り切れた感覚があった。

つまり覚えていない振付をごまかしたりする後味の悪さがなく、乗り切って舞台を

パンクさせずに済んだという満足感みたいな感覚が充満していた。

なんだか違う扉が開いた感じ。ヒプノのおかげのような気がしている。