読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刺さります

 この前、詩集を購入した時に思わずこれも。

洗礼ダイアリー

洗礼ダイアリー

 

 エッセイの体をなしているけれど、作者が詩を詠う人なだけあって

いちいち感性がすごい。(どちらかというとマイナー系の気質)

エッセイというよりはいつの間にか小さな部屋をのぞいている気になり

自分があえて見ようとしていなかった部分を差し出されるような鋭さがあり。

これもまた創作意欲を刺激されるもの。

自分の芯をもう一度しっかりと見つめてみようと思える本。