読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れる日

統計的に10月10日は必ず晴れるそうだ。

それで1964年の東京オリンピックは開会式をこの日に充てたのだと。

そして今日、やはり快晴。

真夏の、しかも温暖化の影響か何かで死人が出るくらいの真夏にせずとも

やはり時期をずらせるほうが大事なのじゃないかしら。

ま、根本的に「なんで招致したんや?」という気もするけれど。

でも、将来のアスリートの為には自国での開催が大きな意味を持つのは確かだと思うし

人生の前半ほとんどすべてをかけてその道を走り続けているアスリート達が

使い捨てではなく、それなりの人生を歩めるような受け皿もあればいいと思う。

多様性を認めるというのがとても大事だと頭ではわかっているつもりだが

自分の中に不寛容や差別意識があるとは思いたくないが否定もできない。

この国がよくなっていくには何が必要で何が要らないのか。

とまれ現政権の長とそれに付随する人らは要らん。かなり要らん。まったく要らん。