読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんぱく!

行ってきました!やっとこの日が!念願の民博。

f:id:reiworks:20160718140653j:plain

炎天下、といってもいいくらいのピーカン。

でもなんだか今日行く!と決めたら止まらなくて。しかし駅からが遠い。

万博公園太陽の塔(後頭部)が見えてきました。

f:id:reiworks:20160718141522j:plain

まだかなぁ~と思いつつ、後頭部に軽く興奮。うひ。

f:id:reiworks:20160718141549j:plain

とうちゃ~く!

f:id:reiworks:20160718142011j:plain

f:id:reiworks:20160718142035j:plain

漢字の白川先生からの流れで梅棹先生の著書を読んで、その成り立ちにすごく興味を

惹かれていた民博。梅棹先生は長くここの館長をされていた。

蒐集の旅でかなりの無理がたたり失明された梅棹先生。ご存命の時に会いたかったな。

f:id:reiworks:20160718142119j:plain

エントランスも立派。たしか有名な建築家・・・黒川紀章さんが設計したはず。

鑑賞券売店は2階になりま~す。順路の矢印に従って入った途端。

もうもうもう、その世界観にグッと引き込まれて「うわぁ~」となった。

大人だから声には出さなかったけど、連れがいたりしたら出してたと思う。

館内は特別に撮影を禁止されてはいない。それに手が触れられる近さに展示がしてあり

なんと太っ腹な・・・という感じがする。

あまりにも圧倒されて魅力的で引き込まれて写真は撮りそこないました。てへ。

なんか全身で受け止めたい衝動に駆られた!写真撮るとその感動が薄れる気がして。

でもすごい展示の数だし広いしで、ざっとしか観られなかったのだけれど

これらを見た途端「ねむり姫」でご一緒した音楽家の真都山みどりさんの顔が浮かび

これだけは撮って送ろうと思った。(みどりさんはクマが好き)

f:id:reiworks:20160718153211j:plain

f:id:reiworks:20160718153244j:plain

私が一番ドキドキしたのはモアイ像。なんだろ~な、あの感じ。

あまりにもデカかったせだろうか。本当に心臓がドキドキした。

興奮しすぎて気分が悪くなりそうなくらいだった。なんだったんだろう???

それも含めて色んなことを確かめにもう一度行きたい。行く。

f:id:reiworks:20160718154439j:plain

おまけ。万博のマンホール。ノスタルジー。

f:id:reiworks:20160718163458j:plain