読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私はドコへ行くのでしょう2

その道は当時あまりにも長く果てしなく思え、またそこはトンネル、あるいは地下通路

あるいは空は見えても脱出できない迷路のような気がしてきた。

感情が無くなり、感動が無くなり、いくら寝ても足りなくなり、そして挫折した。

北へ逃げようと思った(笑)死のうとは思わなかった分だけ可能性があった。

全てを断ち切り、踊る事からも離れたかったし実際そうした期間もあったけれど

やはり自分にとっての踊りというものを捨てきれなかった。

それは決して人前で踊る事でもなく、自分一人でやっていても満足する世界。

そこを突き詰めていきたいと思った。のに。あれ?

たまに「なんで舞台をまだやってるんだろう」と思うことがある。

しかも今の現場は芝居の現場だ。とても楽しいけれど。

ご縁は大切にしたいし、声をかけてもらえただけでも嬉しい。

少なくとも一緒に仕事をしてきた数年間のうちで、それなりの信用を得られたので

あろうと思うから。その分だけは何としてでもちゃんとお応えしたい。

そしてまた新たな刺激をもいただいている。ありがたい。本当に。

でも。ふと我に返る時がある。

わたしは踊りたいのだ。踊りによって(たとえ自己満足でも)感じたい世界がある。

でも命に限りがあること。体力にも限界があることを考えるとうすら寒い。

やり切れずに死ぬのは勘弁だ。

と、最近、その想いが大きく膨らんできている。