読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなで

先週、MYさんが初めて外から自分の踊っている作品を観て「みんなも観た方がイイ」
とおっしゃったので、今週から代わりばんこに見ましょうね〜ということで
ひととおり要点の練習をしたら「はい!一度、観てみたい人!」と挙手を願った。
みんな観たいけれども練習もしたいらしく躊躇してなかなか手を挙げてくれない。
「はいっ!」と挙げたのはアキ。うん、アキに観てもらうのもいいかもしれない。
ということで通してみる。
「なるほどなるほど〜です。こういう風に観えてるのか〜って思った」といい
その後は各場面においてのアドバイスなど。主に顔とまゆげの位置について(笑)
でも私のやりたい方向をちゃんとわかってくれていてのアドバイスで貴重。
それから繰り返し言ってくれてたのが「自習」の大切さ。
どれだけ自分が各シーン、各部分で納得し、落とし込んでこれるか。
もちろん、みんなは「そんなつもりなく」やってしまっているだけなので
こうしてアドバイスが入り、また自分も一度見てみた時になるほどと納得して
更に表現を磨いてくれるであろうことを確信する。
でも。演技ではいけません。嘘はいけません。心からそのものになって踊って欲しい。
こうしてこの先本番までトップダウン方式は捨てて、みんなで創っていこう。
それがレイワークスらしいやり方だとしていきたいし、なっていきたい。
みんなで創る。