読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑賞した結果

かんがえごと

あぁ、私はやっぱり創る人じゃなくて踊る人なんだなぁと再確認した(爆)
とはいうものの、誰も創ってくれないから自分でやると決めて戻ってきた世界。
言い訳もほどほどにしぃや、と自戒しつつ
でもダンサーとして誰か使ってくれてもいいよぉ〜(何かこんなギャクあったよね)
とも感じた某舞台のDVDでございました。
ただ、そこには共感できる世界観がある、ということが前提になってるけど。
そこが一番難しいのかもしれない。きっとね。
誰かの振付を自分が解釈して練り込んで踊るという作業はとてつもなく楽しい。
踊るっていいなぁ。練り込むっていいなぁ。
その結果、作者に満足してもらっているかどうかは別として、ではある。
自分が作っているものはやっぱり冷静に観ることができない。
そりゃ、単にここはもう少し間が欲しいとか、もう少し激しくとか、滑らかにとか
そんなことはわかるけれど、総体的に観客にはなれないよなぁ。
創る気持ちも踊っている気持もすべてを知っているから。
どう見えているかを客観的に分析するって、みんなどうやってるのかな〜?
今度、身近な人たちに一回聞いてみよう。