読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チータ

いち早く発表会の作品が出来上がり、ここからが積み上げの練習な滋賀チーム。
もちろん大したテクニックは使っていないけれど、リズムで踊るダンスではないので
みなさんなかなかに苦労していらっしゃるようだ。
といっても決して難しいことを要求しているわけではないつもり。
しかし、冷静に見れば(?)とても難しいことをしているような気がする。
振りの繰り返しが無いことにはもう慣れているとして、今回はいつにもまして音楽と
動きのきっかけ取りが難しい、のだと思う。
よほど音楽を聴きこんでいかなければ、ただただ流れに乗せて動くだけになりがち。
曲と同じように間合いを取って抑揚をつけてくだされば…と、それが難しいらしい。
うむ。それはそうかもしれないのだけれど。
でも一番基本である「音楽に乗せて踊る」だけでいんだけどな〜。
こ〜んなロマンティックな音楽はロマンティックに動いてほしい。
そこが今回の滋賀チームの課題である。
私は使用曲が好きで馴染みがあるためメロディを全編カラオケできるくらいだが
みなさんにそれを要請するのは間違っているのか…。
んにゃ。そんなことはない。運動から踊りへ。いくつになっても進化は可能なはず。
3歩進んで2歩下がる滋賀チームでございます。
それでも1歩ずつは確実に進んでおりますよ。